家族葬と通常のお葬式の違いとは 

最近身近になってきた家族葬です。家族葬とは少人数で行う葬儀のことですが、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。また、以前はこんなことはありえなかったことですが今では家族葬を行う家族が増えています。高齢化が進む中で最後のお別れの儀式はかわりつつあります。ここでは、今までのお葬式と家族葬がどう違うのかお伝えいたします。

これまでの一般的なお別れの儀式

寂しい別れ
通常、一般的だとされているお葬式は、お通夜と葬儀が行われ、告別式を行ったあとで、一般の方を招いて行う本葬という流れになります。ですから時間と費用がかかります。とにかく家族は忙しくなり休み暇もなく怒濤の何日間かが続くことになります。
生前にお付き合いの多い方であればこのような葬儀が常識となってきます。亡くなったら、その連絡をまず行い葬儀の日程を決め再度連絡したり、葬儀場を決めたり、どんな葬儀の内容にするかなどの細かいきめごとがたくさんあります。悲しむという暇がないということが現実です。いろんなことを瞬間的に決めて行かないといけません。落ち着く暇もなく、寝る暇もなくずっと忙しいということになります。これがお葬式です。悲しいなんてものではく、とにかく疲れる。体力勝負の数日間になってしまうことがほとんどです。

家族葬はシンプル

最近多くなってきている家族葬は一般的なお葬式に比べると簡単でシンプルになっています。時間もそれほどかからず、細かい決めごとも少なく割と時間にも余裕があるのでバタバタと忙しくするということも少なくなります。家族だけですので気を使うことも少なく気楽にお別れの儀式ができます。とくに何も用意する必要なく葬儀を終えることができます。家族がみんな高齢の場合にはとても助かる家族葬でもあります。時間とお金ももちろんのこと、体力も使います。家族葬ですとこのような心配がないので安心できます。

家族葬のメリットと言えば。

香典
誰にも伝えることも必要なく家族のみで行います。ご近所のみなさんも自分たちも気を使う必要なく静かに葬儀ができます。終わってからも何もなくいつも通りの日常になります。ご近所さんも高齢の場合などはお互いに悪いことではありません。また、費用が一般的な葬儀に比べると断然安くなります。家族だけなのでお返しを準備準備する必要もありません。さらに、お通夜など葬儀に参列できない方が前日にお別れにくることなどがないので、そんな方の対応をする必要がありません。家族でゆっくりとお別れができます。精神的にも体力的にも負担がなくなります。

デメリットはしっかり配慮していれば問題ない

家族葬のデメリットといえば、家族以外の友人知人に知らせることをしなかったというトラブルが起こる場合もあります。お世話になっていた方々や親友や仲のいい知人の方などは教えてほしかったという方々もいます。しかし、これはしっかり後日お伝えすればいいことです。家族葬にすることは生前の本人の意思であることがほとんどです。みんなには言わないで心配や迷惑をかけたくないからという考えの方が増えてきています。そんな本人の意思と家族の高齢化なども考えて家族だけでの葬儀を行ったことをしっかり伝えると分かってくれることになります。

なくなった方とちゃんとお別れができる

お葬式はお別れの儀式です。なくなった方との思い出を振り返ってみたりする時間でもあります。最後のお別れの時間でもあります。これまでの一般的な葬儀ではお別れというより作業になってしまいます。葬儀が終わって、1ヶ月程たってからなくなったことを実感するというようなことになる家族も少なくありません。
家族で行う家族葬ではしっかりその時にお別れができる時間ができます。みんなで最後の夜を迎えることができ、見送ることができます。本人も家族にとっても思い残すことがない最後のお別れができます。