人生を全うした最後の日を締めくくるための豆知識

人生の最後の日には、お葬式という儀式があります。これはだれでもほぼこの世で生を受けて肉体としての死の締めくくりとして執り行われてきました。それは、昔からずっと続いてきたことです。お通夜やお葬式の形式はちょっとずつ時代に応じて変わってはきていますが、お通夜とお葬式をした後に買蔵という流れは変わっていません。悲しいことですが、人間性を受けた時から毎日毎日死に向かって生きているのです。

お葬式の昔のお那覇市知っていますか?

お葬式といえば、葬儀場でするのが当たり前と思っている若者は多いです。若者でなくても、都会の人であれば、葬儀場で行うと考えるのが普通の時代かもしれませんしかし、田舎であれば、自宅でお葬式をするところもまだまだ残っています。これは、ある意味日本の昔ながらのスタイルです。

現代社会では、仏壇のある家も、大きな昔の田舎のような家もあるところはありますが、ないところにはありません。集合住宅であればなおさらそこでのお葬式はご近所さんのこともありますから難しい世の中といえるでしょう。

しかし、昔は、自宅でお葬式を執り行うのが普通のことでした。と言いますか、葬儀場はなく、それが常識でした。自宅で何から何まで準備して故人を偲び親族や友人、ご近所から人が集まります。家でするということは、人手も自分たちで集めないといけないですし、料理も自分たちで作らないといけないので、親族や近所の人はそのお通夜やお葬式をお手伝いするということが多かったです。

葬儀場であれば、そこのスタッフさんがいますし、料理も頼めばその時間に持ってきてくれるので人手といえば、受付だけでよく、家族や親族も故人を偲べますが、昔は大忙しです。現代も少しずつ形は変わってもこのスタイルのお葬式をするところもあります。

今は、田舎のほうでも、自宅から火葬場までのご遺体の搬送だけをお願いしたりとかもできますが、まだそんなのもなかった時代には、リアカーでご遺体を火葬場まで運んでいました。雨の日なんかはとても大変だったことでしょう。そう考えると、今は何を取っても便利な世の中になりました。

お葬式の形は変われど、故人を偲んで一人一人が死というものに向かい合って執り行うという心は変わってはいません。大事な日本の心は代々受け継がれていかなければなりません。

関連する記事