お葬式の時代の流れも変わった

人の一生が終わりを告げるとき、必ず執り行われるのがお葬式です。人生のイベントで結婚式は行わなかったとしても、お葬式をしない一間まずいないことでしょう。それくらい、お葬式はその人の人生の最後をお見送りしたり、偲んだり、感謝したり、と沢山の意味を込めた大事な大切な行事だからです。時代が変わってもお葬式のスタイルの変化はありますが、お葬式がなくなるということはありません。

日本のお葬式とはどんなもの?

これは日本だけに限ったことではなく、宗教の違いはありますが、全世界でそれぞれの宗教に沿った形で執り行われていまおお。キリスト教であれば教会で行われます。そこにお坊さんがきてお念仏を唱えるわけではなく、牧師さんがきて聖歌や讃美歌がうたわれたりします。

日本であれば、たいていは仏教の人が多いでしょうから、仏壇が家にあるところであれば、いつも来ていただいているお寺のお坊さんがお葬式に見えてお勤めをされます。お通夜もお葬式にも見えて、戒名までされるところが一般的です。

昔は拡大家族でしたので、代々の仏壇やお坊さんがいらっしゃるご家庭が多かったですが、今は核家族が大半で家に仏壇のない家も多いのが現状です。そのため、お通夜や葬儀の時だけお坊さんを手配するようになります。

決まったお寺さんがなければ、お坊さんを手配して、希望の宗派のお坊さんを手配することもできます。お坊さんといえば、お布施はいくらなのかわからないことも多いでしょう。ましてや、その時初めてということであれば、相場はいくらなのか見当もつかないこともあります。

そういった紹介の業者もいて、お通夜とお葬式でいくらとか、交通費や戒名台まで含んでいくらなどときちんとはじめから記載しているところもあるので、そういったところであれば安全に安心して以来できます。家族葬でもそうでないお葬式にでも対応してくれるから安心です。

関連する記事