各部屋に非常電気を用意して万が一の際も安心できる停電対策を

停電対策として考えた時、電気を確保するということは大切です。
特に夜間帯の停電ともなると、周りが真っ暗になってしまうので「防災グッズなどを用意していたのにそこまでたどり着けない・探せない」ということもあるのです。
そこで家の中で日ごろからできる非常時対策について考えたいと思います。

緊急電気について

よく、急な停電時に店舗や施設などで小さなライトが照らされることがあります。
非常的な電気が反応しているのですが、こうした停電対策は各ご家庭で設置していただけるのです。
大掛かりな工事が必要だというわけではなく、普段はコンセントに指していただくいわゆるフットライトのような感覚で設置していただきます。
そしていざというとき、自然にもしくはボタン1つで発光してくれるのです。
コンセントに指している状態は簡単に言えば「充電状態」になっていますので、停電時にもしばらくは発光していてくれるでしょう。

手持ちに切り替えることも可能

大きなもの・重たいものでなければ、コンセントから引き抜いて手持ちで使用をしていただけるものも多くあります。
簡易的な懐中電灯の代わりになってくれるというわけです。
時間としては長時間タイプのものはそう多くありませんが、次の対策を行うまでのつなぎとしては十分に活躍してくれることでしょう。

各部屋に置いておくのがおすすめ

ホームセンターや家電量販店などでも今では購入できますし、通信販売でも購入は可能です。
料金に関してもそうお高いものではありませんので、停電対策として各部屋に1つずつでも設置しておくと安心できるでしょう。
日頃からできる対策をまずは実践することが、万が一の際の安心感やケガやそのほかの被害リスクを下げてくれるのです。

関連する記事