停電対策として考えておきたいお手洗いの事

一時的な停電であれば懐中電灯を使用することや簡易トイレを使うなどといった停電対策ができるかと思います。
これら知識はおそらく多くの方が持っているのではないでしょうか。
しかし、ある程度の時間が経過してしまうと「長期的なものを見越した停電対策」が必要となってくるのです。
そこで今回は、困る方も多い「お手洗い」に対する停電対策時に役立つ知識について考えてみましょう。

集合住宅では特に考えたいこと

マンションなど集合住宅の場合、お手洗いを停電時に間違った使い方をしてしまうと周りに被害が及んでしまうことがあります。
ですので、対策としての知識を持っておくことが大切なのです。

使用方法について

まずは便座の蓋を上げましょう。
あらかじめ備蓄してあるお水などをバケツで汲み取り、水を便器に流し込んでください。
この際、必要とするとする水量はバケツ1杯分程度です。
一気に流し込むのがポイントです。
水飛びをしてしまうかと思いますので、流す前に床に雑巾や新聞紙などを敷いておくと良いでしょう。
その後、次に静かにバケツ半量程度の水を流し込みます。

排水管の停滞を防ぐ

水の使用も少しでも節約したいところですが、あまり水量が少ないと排水管内に汚物が停滞してしまうことがあります
ですので上記の方法を繰り返すばかりではなく、3回に1回程度は多めのお水を意識して流していただくと安心でしょう。

事前に確認できることはしておこう

ここで大切なのは「配水管が破損していないかどうか」です。
停電でしたらまず破損することはないかと思うのですが、災害に伴う停電ともなると破損の可能性も否めませんので確認をしておきましょう。
これら知識を停電対策として知っておくだけで環境も比較的に安定しやすくなるでしょう。

関連する記事