万が一の際に電子機器の設定などで停電対策や災害対策につながる

皆さんは停電対策というと「準備」という感覚が強いのではないでしょうか。
もちろん、前もって準備確認をすることは非常に大切な時ですし、万が一の際に役立ってくれることでしょう。
それと同時にできれば停電してしまった際にどのように対策をしていくのかということも考えていただけれらと思います。
そこでここでは、電子機器類の万が一の際の対策対処方法について考えてみたいと思います。

スマートフォンやタブレットが命綱になることも

情報確認から連絡など今ではスマートフォンやタブレットは「命綱」といっても過言ではないかと思います。
そこで、万が一の差にいは極力消費を抑えて長く充電を持たせておきたいものです。
これらに対する知識もまた停電対策の1つといえるでしょう。

今すぐにでも実践できることは「輝度調整」です。
普段の生活であまり気にされている方もいらっしゃならないかもしれません。明るいほうが見えやすいからと輝度を上げている方もまた多いでしょう。
しかし、上げた状態だとどうしても電力そのものを多く使ってしまうのです。
ですので、停電・災害時には輝度を下げていただきたいと思います。
さらに、各スマートフォンやタブレットには「低電力」「省電力」といったモードが用意されているかと思います。
それらを選択することも忘れないようにしていただきたいと思います。

電波について考える

電波がないと探してしまうことでしょう。
緊急時にはこれを行うとどうしても電池の消費が早くなってしまうのです。
ですから、あまりに電波状況が悪い場合には通信機能を一度オフするということも覚えておきたい点といえるでしょう。
簡単なものですと着ないモードにしておくことです。
機内モードにしてもwifiには接続することが可能です。

関連する記事